プーリアのワイナリーその1 Accademia dei Racemi

では、本題のワイナリめぐり まずはAccademia dei Racemi。 ワイナリーはマンドゥリアにありますが、畑はマンドゥリアの南側からターラント湾までの一帯に点在していて、土壌、気候に多様性があります。 今回の旅行の最大の目的がこのワイナリー訪問だったのですが、実はZinfandel Advocates & Prod…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

プーリアの町並み

<バーリ> 事前調査で「バーリの旧市街は怖いよ」とヒアリングしていたこともあって、妙に緊張しながら旧市街を駆け抜けました。天気がとても良かったのもあってか、けっきょく危険な雰囲気はまったく感じ無い、素朴で素敵な海辺の町でした。 しっかり聖ニコラスの遺骸が祀られているらしい、サン・ニコラス教会も訪ねることもできました。 <マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジンファンデルのルーツを求めて・・・?回目 南イタリア プーリアの旅

5月の連休にイタリア・プーリア州を回ってきました。 プーリア州はイタリアの長靴のちょうどかかとのあたり。 世界遺産も2箇所(アルベロベッロとカステル・デル・モンテ、州に接しているマテーラも入れれば3ヶ所)しかないので、日本からのツアーでは駆け足で通り過ぎてしまうようなところ。 でも、パスタもオリーブもトマトも美味しい、代表的な食の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ワイン旅行ブログージンファンデルの祖先はクロアチア

(その3)ジンファンデルとイタリアのプリミティーヴォとの関係 さてアメリカでは主要品種となったジンファンデルの起源についてはずっと謎につつまれていた。 研究が動いたのは1967年、カリフォルニアのUC DavisのAustin Goheen 博士がイタリアのプーリア州のバーリを訪問した際に、その地で栽培されていた品種 プリミ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ワイン旅行ブログージンファンデルのルーツを求めて

ジンファンデルの先祖がクロアチアだった?! (その1)ジンファンデルという品種とは? カリフォルニアでもシャルドネに次いで第2の栽培面積を誇る品種。 暑いとレーズン化し日焼けするので、少し涼しいところが良い。海岸沿いのリージョンII、IIIが、最高の辛口を生み出す。リージョンIVのセントラル・ヴァレーでは、良質のポートタイプを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイン旅行ブログ:スロヴェニア-4-

スロヴェニアワインの生産地域のお話-その2。 <ポドラウイェ(Podravje)地域。> 北東部のハンガリー平原の地域。ぶどう畑の総面積は8,900ha。スロヴェニアワイン全体の約35%を生産するスロヴェニア最大の生産地域。 プレコムルスケ・ゴリツェ(Prekomurske gorice)、ラドゴナ・カペラ(R…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイン旅行ブログ:スロヴェニア-3-

スロヴェニアワインの生産地域のお話。 まずプリモリエ(Primorje)地域。北西のイタリア国境沿いとその南に続くアドリア海沿岸地域だ。約10,000haで、そのワイン生産量はスロヴェニアワインの生産量の約40%にあたる。特に、スロヴェニアワインの赤ワインの80%はこの地域で造っている。 ブルダ(Brda)、ビパーバ(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイン旅行ブログ:スロヴェニア-2-

さて、スロヴェニアワインの概要。 緯度は北緯45度30分から47度とフランスのボルドーとほぼ同じ。多様な国土と気候から、様々なタイプのワインを生み出すことは前述。 ぶどう畑は約21,600haで年間のワイン生産量は80万~90万ヘクトリットル。 特徴は 1. 上級ワインがほとんどであること(テーブルワインクラスは30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイン旅行ブログ・スロヴェニア

イタリアのトリエステの東側に位置し、イタリア、オーストリアとアルプスを挟んで国境を接しているスロヴェニア。にわとりのような格好をしたその国土の大きさは、四国とほぼ同じ2万256km2。人口は199万人で、四国4県の総人口の半分程度。首都は、国際ワインコンクールで有名なリュブリャーナ(Ljubljana)。 14世紀から第一次…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クロアチアワインのお話ーその3 沿岸地帯イストラ

クロアチアの沿岸部で、中央・南部ダルマチアと並んで大生産地なのが イストラ半島の生産地イストラ(Istria)です。半島の面積は2,820km2。 土壌 カルスト台地 中心部にある丘から西、南に向かって海まで、ゆるやかな斜面が続く。 気候 「暑い夏、温暖な冬」地中海性気候 ・EUの気候区分ではC2に相当。 ・アメ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今日は、クロアチアでも大生産地のひとつ、中央・南部ダルマティア(Srednja i Juzna Dalmacija)のご紹介。 土壌: 「カルスト地帯」 カルストとは、石灰岩台地に見られる特殊な溶食地形のこと。これは、ジュラ紀や白亜紀の石灰岩やドロマイト、泥灰岩が主体。その上にいろいろな土壌。 さらに第四紀のテラ・ロッサ(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さて、クロアチアのワインの話 その1

ぶどうの栽培面積は、約58,000ha。ワイン生産量は約2,000,000hl。オーストリアよりちょっと多く、フランスのブルゴーニュ(ボージョレーも含む)よりちょっと少ない感じだ。白ワインが全体の2/3を占める。 国内のぶどう畑の分布は、35%が北西部、35%がダルマチア、15%がスラヴォニアとポドゥナウェ、15%がイストラと北部…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

クロアチアは世界遺産とワインの宝庫だ!

バルカン半島にあるクロアチアという国。1998年、日本が初出場を果たしたサッカーのワールドカップ・フランス大会で予選リーグで当たった国だ。第二次大戦後は、ユーゴスラヴィアの一部だったが、1992年に独立が承認された。 国土面積は約56,000km2、人口 約500万人。北海道の2/3程度の国土に、北海道と同じくらいの人口がいるよ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more