ワイン旅行ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ワイン旅行ブログ:スロヴェニア-3-

<<   作成日時 : 2005/09/17 18:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

スロヴェニアワインの生産地域のお話。

まずプリモリエ(Primorje)地域。北西のイタリア国境沿いとその南に続くアドリア海沿岸地域だ。約10,000haで、そのワイン生産量はスロヴェニアワインの生産量の約40%にあたる。特に、スロヴェニアワインの赤ワインの80%はこの地域で造っている。

ブルダ(Brda)、ビパーバ(Vipava)、クラス(Kras)、コーペル(Koper) の4つの統制保証原産地区がある。各地区にひとつずつ大ワイナリーがあるが、特にブルダ地区では、このほかに水準の高い約40の小規模なワイナリーがある。


1.ブルダ(Brda)

<土壌・地形>
イタリア(DOC Collio)と国境を接したスロヴェニア南部
中心は、ゴリツァ(Gorica)北西の丘陵地帯(ゴリシュカ・ブルダ)。
土壌は、泥灰岩(Marl)、頁岩(Shale)、砂岩、フリッシュ  
<気候>
地中海性気候だが、降水量は沿岸地帯よりやや多い

<代表的なワイン>
白:
ブリシュキ・トカイ(Briski Tokaj,トカイ・フリウラーノの一種)
ベリ・ピノ(Beli Pino,ピノ・ブラン)
ソーヴィニヨン・ブラン
シャルドネ
シヴィ・ピノ(Sivi Pinot)
赤:
カベルネ・フラン
カベルネ・ソーヴィニヨン
メルロ
モドリ・ピノ(Modri Pinot,ピノ・ノワール)

2. ビパーバ(Vipava) (写真の地域)

<土壌・地形>
フリッシュ(砂岩、頁岩からなる地層)  東端はテラ・ロッサ
高度45-300mの丘陵地帯。
<気候>
半地中海性(南西部)から大陸性気候(北東部)。

<代表的なワイン>
南西部
白:マルヴァジア(Marvazija)、レブラ(Rebula)、ソーヴィニヨン・ブラン
赤:バルベーラ、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ

北東部
白:ゼーレン(Zelen)、ピネラ(Pinela)
赤:メルロ、バルベーラ、カベルネ・ソーヴィニヨン、

3.クラス(Kras) 560ha
<土壌・地形>
「カルスト」地形の語源となった、石灰岩地帯。
表土は「テラ・ロッサ」(石灰岩が溶食された後に残る酸化アルミニウムなどを含む土壌。水酸化鉄の集積のため赤褐色となった)。
<気候>
夏は暑く、冬は寒い(burjaと呼ばれる独特の北風)。
雨が開花のシーズンと秋のぶどうが熟したころに降る。

<その他>
ぶどうは背丈を高くした仕立てで、地表を乾燥から守る。

<代表的なワイン>
代表的なワインは クラシュキ・テラン(Kraski Teran)。レフォシュク種(赤)から造るが、この土壌の特性で鉄分が多い。


4.コーペル(Koper) 3,800ha

<土壌・地形>
フリッシュだが、ブルダなどよりも石灰岩の比率が高い。
<気候>
気候は地中海性。地形はほぼフラット。
<代表的なワイン>
赤が主体で、主要品種はレフォシュク(Refosk)。その他、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ。
白はマルヴァジヤ(Malvazija)主体。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワイン旅行ブログ:スロヴェニア-3- ワイン旅行ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる